蓮行流〇〇道場〜!
蓮行流○○道場~!#87

【蓮行流○○道場#87「蓮行流クロスメディアミクス道場75」】 劇団衛星代表、蓮行であります。 京都だけなのかもしれませんが、夏時々冬、みたいな気候、困りますね。 【先月の蓮行】(5月) ◎初めて東北大学にお邪魔しました […]

続きを読む
衛星的読物
黒木陽子の「私はこんな海外ドラマを見てきた」#75

黒木陽子の「私はこんな海外ドラマを見てきた」vol.75 パズルが解けたその先にあるものを目指している 最近はもっぱら海外ビジネス啓発書やら仕事管理術YouTubeを見たりしております。今回はそのことを描こうとしたのです […]

続きを読む
F.ジャパンの「日々是精進」
F.ジャパンの「日々是精進」

『認めること』 現在の自分を認めることを全ての第一歩にしたい。認める、肯定するの言葉の解釈を広げたい。全ての価値観が「もっともっと」ではなくても良いのではないか。今の完璧ではない、光だけではない闇の部分も含めた自分が存在 […]

続きを読む
今月の紙本
今月の紙本「4月のチャレンジ」

2023年のテーマ「時間の使い方が上手な大人」を軸に、毎月チャレンジを変えてみるということをしております。4月のチャレンジは、「お弁当を作る」からの「お弁当の解釈を広げて、これもお弁当ということにする!」でした。 見てく […]

続きを読む
衛星的読物
黒木陽子の「私はこんな海外ドラマを見てきた」#74

黒木陽子の「私はこんな海外ドラマを見てきた」vol.74 まさかの ご心配をおかけしました!腕は2日で良くなりました。レジリエンス!さて、今回見てたドラマはこれ! 「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」(2022年,ENAチャンネ […]

続きを読む
F.ジャパンの「日々是精進」
F.ジャパンの「日々是精進」

『読書とジョギング』 本を読む事とジョギングは似ているような気がする。どちらも自分にとっては大切な時間になりつつある。演劇もそうかもしれない。それを「する」事を何かの目的を達する手段としてうまく機能させられない。自分の何 […]

続きを読む
F.ジャパンの「日々是精進」
F.ジャパンの「日々是精進」

『差異』 差異に優劣が生じる事が多い環境の場合、差異に対する受け止めとして主に2種類の行為が起こりやすくなるのではないか。一つは得ようとする行為である。優位性を得ようとする行為。あるいは、安心を得ようとしてマジョリティに […]

続きを読む
衛星的読物
黒木陽子の「私はこんな海外ドラマを見てきた」#73-2

黒木陽子の「私はこんな海外ドラマを見てきた」vol.73の2 清くも正しくも美くしくもない女 ようやくおすすめできるドラマはこれ! 「ワタシってサバサバしてるから」(2023年,NHK,日本:全20回)女性誌の編集部に勤 […]

続きを読む
衛星的読物
黒木陽子の「私はこんな海外ドラマを見てきた」#73-1

黒木陽子の「私はこんな海外ドラマを見てきた」vol.73の1 本番前なので なぜ本番直前に読み物の締め切りが来るのか。とはいえ本番前なので宣伝します!本編は来週描きます!「わたしってサバサバしてるから」のオススメをかくぜ […]

続きを読む
F.ジャパンの「日々是精進」
F.ジャパンの「日々是精進」

『道徳の授業』 道徳の授業の成果として時に児童生徒は暗黙的に「内容項目についてどの様に応えれば(リアクションすれば)、その場での評価(例えば先生、例えば友だち、例えば社会)が上がるのか考えよう」ということを迫られている場 […]

続きを読む