写真:脇田友

植村純子

特技: 旅のプランづくり、クリエイティブな決算作業 |  好きな食べ物: シュークリーム、焼きカレー、バナナチップス |  好きなタイプ: 自分のやりたいことを持っている人 |  人生の一言: “ I am responsible for my rose. ”(“The Little Prince”より) |  生年月日: 1974年8月13日 |  血液型:  A型 |  星座:  獅子座 |  出身地:  京都 | 

略歴:
1995年、劇団衛星旗揚げ時より参加。ほぼ全ての公演で制作・演出補を担当。2010年7月から、アートコミュニティスペースKAIKAの制作・運営に携わる。“日常の近くに舞台芸術がある環境“を目指し、様々な舞台芸術公演やワークショップ等の企画を、地元・京都のほか全国各地で行なっている。

The Blue Box Cafe

文責・植村2022年9月2日
2022年9月_思いがけず
週に2回、仕事が終わった後の時間に習い事をしています。韓国語とフラダンスです。

今週、韓国語のレッスンが終わって帰ろうとしたところ、外は雨が降り出していました。結構雨足が強くなってきていて、残念ながら私は傘を持ってくるのを忘れていました。少し待てば、小降りになりそうだな・・と感じたので、思い切って、時間潰しに、同じ建物の中にあるお店にビールを飲みに入りました。雨宿りです、仕方ないです(笑)。
結果、小一時間のブレイクの間に雨は落ち着き、濡れずに帰ることができました。作戦成功でした!

実は韓国語のレッスンは、8月・9月は、普段より少し早い時間に変更になっています。なので、この時間に終わった後は、飲んで帰ることができるのだ・・ということを、思わぬ形で気づいてしまいました。
こんなことを覚えてしまったら・・これは、やばいな(笑)。


このところ、思いがけず色々な企画が進んでいて、慌ただしくなりました。
冬に行う、既成戯曲の演出シリーズの公演は、表立った動きはこれからですが、少しずつ進んでいます。スタッフの方々と打ち合わせをしたり、キャスティングの相談をしたり、広報の準備をしたり・・。
新たに一つ、座組みを立ち上げるのって大変だなあ・・ということを改めて感じています。プロデュース公演の醍醐味ですね。

それ以外の公演企画も、実は急激に動き出してます。もうすぐお知らせできるはず。
大変なこと多いけど、やっぱり「公演ができる」のは嬉しいよね。みんなの公演をしたいという声に、私のできることで協力できるなら、・・やるしかない!という気持ちです。


【今月の植村】

●12月『特急寝台列車ハヤワサ号』
まずはこちら。KAIKA主催公演、既成戯曲の演出シリーズVOL.2『特急寝台列車ハヤワサ号』の公演の準備が進んでいます。
30人近くの出演者が出るので、稽古場が賑やか・・!

日程:12月2日〜12月4日
会場:THEATRE E9 KYOTO

お得な先行チケット販売中。詳細は、こちらをご覧ください。
https://note.com/acs_kaika/m/m7429c32e717e


●日韓オンラインワークショップと韓国公演に向けて
『珠光の庵』韓国公演は、何とか来年度に実施できないか、と考え始めています。
ビザが必要だったり不要だったり、検査が必要だったり不要だったり、出入国のための状況も、日々変化していて、一体どうなるだろうか・・とドキドキしていますが、なんとかなんとか。進めていきます。


●その他KAIKAでの公演
急遽、複数の公演が予定されています。
まだ今日この時点で発表できない情報もあるのですが・・、来週くらいにはお知らせあると思うので、KAIKAのウェブサイトなどご確認ください。
http://www.ftas.info/kaika/