ファックジャパン

特技: 特技と自分で言えるものはもう無くなってしまいました。こうやって歳を重ねて何もかもを徐々に失っていくのだろうかと思うと恐ろしいです。 |  好きな食べ物: うどん(主にカレーうどん) |  好きなタイプ: おもいきった人 |  人生の一言: プロレスとは、底が丸見えの底なし沼(井上 義啓) |  人生の一曲: SUN,GUN,RUN(Boredoms)
役者歴: 佛教大学在学中、バンド「ピロティ」で活動する傍ら、フリーペーパー「バッグマガジン」にエッセイを連載。同誌で同じく連載していた劇団衛星代表・蓮行と出会う。2000年12月劇団衛星「脳天気番長は18歳」で役者デビュー、これを機に劇団衛星に入団。

生年月日: 生年月日 1979.3.30 |  血液型:  A型 |  星座:  牡牛座 |  出身地:  大阪市生野区 |  身長: 166 |  体重:  95 |  サイズ B 100 / W 108 / H 100 / 靴のサイズ 27cm

ヰタ・セクスアリス

文責・ファックジャパン 最終更新/2018年10月19日
幅が広い家にて
知らない人の家のトイレをお借りして私は今、用を足しています。
「はじめまして」
もありません。
ただもちろん無言ではありません。
挨拶はありませんでしたが、
「失礼します、すみませんトイレをお借りします」
という宣言をさせてもらいました。
それが私なりのこの御宅の家主さんへの心遣いだったのです。

家主さんは太い銀髪でおそらく初老のおじさんのようなおばさんのようにみえます。
おじさんなのかもしれないが
おばさんよりの人物です。

「え、あ、どうぞ」

と喋ったその声のトーンがおじさんよりだったのでより混乱を強めている部分はあります。
とはいえ。
ひらたくいえば「どっちでも良い」というのが正直なところです。
そしてどっちでも良くないのが用を足し終わった後の私の行動です。
私には二つの選択肢があります。

帰るか否か。

という訳です。
いずれにせよ、
感謝の言葉は述べた後の事ではあります。
帰らない場合はただ居る事になるでしょう。

帰る理由も、
帰らない理由も、
私にはわからない、という事が混乱を招いている原因です。

今度はバリカンを購入して
知らない人の家で散髪してもらうのも良いのかもしれません。

家というのは千差万別で、面白いものですね。
その内に捕まってしまったらすみません。

という想いに至り、私は気がついてしまいました。
この時にこそ使うべきコミュニケーションがあると。
心身共に充実して使うのは初めてです。
では参ります。

てへぺろ。