ファックジャパン

特技: 特技と自分で言えるものはもう無くなってしまいました。こうやって歳を重ねて何もかもを徐々に失っていくのだろうかと思うと恐ろしいです。 |  好きな食べ物: うどん(主にカレーうどん) |  好きな異性のタイプ: おもいきった人 |  人生の一言: プロレスとは、底が丸見えの底なし沼(井上 義啓) |  人生の一曲: SUN,GUN,RUN(Boredoms)
役者歴: 佛教大学在学中、バンド「ピロティ」で活動する傍ら、フリーペーパー「バッグマガジン」にエッセイを連載。同誌で同じく連載していた劇団衛星代表・蓮行と出会う。2000年12月劇団衛星「脳天気番長は18歳」で役者デビュー、これを機に劇団衛星に入団。

生年月日: 生年月日 1979.3.30 |  血液型:  A型 |  星座:  牡牛座 |  出身地:  大阪市生野区 |  身長: 166 |  体重:  95 |  サイズ B 100 / W 108 / H 100 / 靴のサイズ 27cm

ヰタ・セクスアリス

文責・ファックジャパン 最終更新/2017年10月27日
後悔の深夜2時
何を今更と思う100円玉がポケットから出てきました。
深夜2時の自宅での出来事です。
お昼間に舐めた飴の袋をポケットにねじ込んだ事を思い出し、
捨てておこうとまさぐったのです。
そんな矢先の出来事でした。
外では雨が降っています。
私は100円玉を財布にしまうと、
「くそが!」
とつぶやきました。
飴の袋をゴミ袋に捨てて、
冷蔵庫を開けて、
プチトマトを1個食べました。
それからもう寝ようかと思い、
だけどプチトマトが意外にも私の気持ちの清涼感を増してくれた事が嬉しくて、
再び冷蔵庫を開けてプチトマトをもう1個食べてしまいました。
清涼感度は、意外性が無くなった分、「普通」にはなりましたが、満足はできました。
寝よう、今度こそ。
そう思いました。
だけど。
ああ、
もう一度、
たまらなくなって、
「くそが!」
とつぶやいてしまいました。
100円…100円…
あの時も、あの時も、私は100円が欲しかったのです。
100円玉がないからあきらめたあの瞬間。
返して下さい。
いえ違います!
100円玉ではありません。
あるはずだった思い出をです!
あるべき100円玉を、私は見逃したのです。
「くそが!」