ファックジャパン

特技: 特技と自分で言えるものはもう無くなってしまいました。こうやって歳を重ねて何もかもを徐々に失っていくのだろうかと思うと恐ろしいです。 |  好きな食べ物: うどん(主にカレーうどん) |  好きなタイプ: おもいきった人 |  人生の一言: プロレスとは、底が丸見えの底なし沼(井上 義啓) |  人生の一曲: SUN,GUN,RUN(Boredoms)
役者歴: 佛教大学在学中、バンド「ピロティ」で活動する傍ら、フリーペーパー「バッグマガジン」にエッセイを連載。同誌で同じく連載していた劇団衛星代表・蓮行と出会う。2000年12月劇団衛星「脳天気番長は18歳」で役者デビュー、これを機に劇団衛星に入団。

生年月日: 生年月日 1979.3.30 |  血液型:  A型 |  星座:  牡牛座 |  出身地:  大阪市生野区 |  身長: 166 |  体重:  95 |  サイズ B 100 / W 108 / H 100 / 靴のサイズ 27cm

ヰタ・セクスアリス

文責・ファックジャパン 最終更新/2018年4月26日
奈良にて
奈良県。
麗しき奈良県で記憶を無くした貴方。
仏滅のその日。
私の中のマントヒヒが、目覚めた。
ヒヒ、ヒヒ、という、声がする。
音ではない、声がする。
ということに気がついたのもその仏滅だった。
マーラー麺を初めて食べた夜。
スモモを初めてかじった夕方。
これはその仏滅ではない、
ただいずれも仏滅に経験したことだ。
これらを関連付ける事は可能でしょうか?
人生という道のりにおいて、
私にとってはいつの間にか決まっていた仏滅という周期にこのような事があった。
そこに意味を求めてしまう。
意味などいみじくも忌み嫌われて久しい今日この頃だ。
忘れようと思う。
振り替えればそんなに大した事は起こっていない。
マントヒヒが目覚めるというのも、
おそらく大いなる勘違いにすぎない。
興奮していたのだ。
いや。
だからこそ。
そこに意味を求めるの、か?
振り返った時に愛でる為に。
それだけのために。
今、この瞬間を生きていない、のだろうか。
奈良県。
惑わす町。
私にとっては、だ。