黒木陽子

特技: 地図をよむこと |  好きな食べ物: 明太子をのせたごはん |  好きな異性のタイプ: いじわるでおしゃれな人。嘘です。 |  人生の一言: そんなことはどうでもいい |  人生の一曲: 赤毛のアンOPの曲。「きこえるかしら」
役者歴: 『ガラスの仮面』を読み、小学校の演劇クラブに入る。以降中学・高校となんとなく演劇部ですごし大学入学とともに劇団衛星に入団。三年くらい前に再び『ガラスの仮面』を読み直し、「台本をちゃんと読むって大切なことだな」と気づき、いろいろ考えるようになり、ブルマになったり裸になったりして今に至る。

生年月日: 1977年8月28日 |  血液型:  AB型 |  星座:  おとめ座 |  出身地:  神戸市 |  身長: 163cm |  体重:  56kg |  サイズ B 89 / W 69 / H 97 / 靴のサイズ 23.5cm

私はこんな海外ドラマを見てきた

文責・黒木陽子最終更新/2021年7月16日
vol.55 アルカディアアルカディア
今回はドラマではなく、これ!



『アルカディア』(トムストッパード,イギリス,1993年初演)

1809年イギリス貴族の屋敷。13歳のトマシナカヴァリーは家庭教師のセプティマスホッジにふとした疑問をぶつけてみた。
現代。同じ屋敷の同じ部屋で、作家のハンナジャービスは、とある過去の謎を明かそうと屋敷に滞在していた。

はい。そんな話です。
数式の話だったり、古典主義とロマン主義の話だったり、ナポレオンだったり、庭の話だったりいろいろ「知ってたらより面白いけど…」的な話題が出てきますが。
安心してください。
「知ってたらより面白い」感じです。

基本的に



の話が交互に現れます。
過去の出来事に対して現代チームが「こうなんじゃない?ああなんじゃない?」と推測するのですが、それが果たして本当なのかな?というようなミステリーです。

舞台が
「荒廃した未来」←→「その原因となった現代のとある場所」
とかだったら、「まさにSFだー!」ってなもんですが、そうじゃないのが奥ゆかしいところ。

現代の人は過去の謎を解き明かすことができるのか?そして過去の人たちは、屋敷の庭はどうなってしまうのか!?
私が演じるレディクルームの恋の行方は?!そして屋敷の庭はどうなってしまうのか!!?
果たしてタイムトラベルはできるのか!?

お楽しみに!
ぜひ観に来てくださいませ。

――
今月の黒木


★1:『アルカディア』の本番があります
『アルカディア』(2021年8月13日-15日@THEATRE E9 KYOTO)
観に来てね!久しぶりに体型管理をしています。19世紀の伯爵夫人感をだしたくて。とにかく猫背改善だ…!

他にもワークショップに行ったり、水中ドローンを使ったワークショップの運営をしていたり、ユニット美人の公演の準備を進めたりしています。