紙本明子

特技: 損益の試算。ビジネスモデル分析。 |  好きな食べ物: 高いアイス(専門店で盛りっと盛るタイプ)。高いお肉。 |  好きなタイプ: 黒髪。聡明。清潔。非煙。 |  人生の一言: 「ああ!頭が見えてきた!」(劇団衛星:千年王国の避難訓練より) |  人生の一曲: 悪いひとたち(Blankey Jet City ;名古屋の偉大なる先輩)
役者歴: 京都大学入学時より演劇活動を開始。1992年に自ら設立した「総合芸術集団・潔癖青年文化団」(現・劇団ケッペキ)の代表を経て、1995年より劇団衛星を主宰。台本・演出・出演すべてやる、というスタイルを貫いている。

生年月日: 衛星紀元前21年(西暦1973年)10月18日 |  血液型:  A+型 |  星座:  天秤座 |  出身地:  名古屋市内 |  身長: 160cm |  体重:  50kg |  サイズ B 85 / W 75 / H 90 / 靴のサイズ 24cm
略歴:
2003年〜2004年度NPO法人京都舞台芸術協会理事
2005年〜2006年度NPO法人フリンジシアタープロジェクト理事
2006年度 black chamber(劇場:大阪市住之江区)ディレクター
2006年度 ロングラン公演推進委員会(経済産業省・サービス産業創出支援事業)コンソーシアムメンバー。
文化庁「平成18年度新進芸術家国内研修制度」研修員として、平田オリザ氏(青年団)に師事。
2008年度〜2009年度 同志社大学プロジェクト科目にて「演劇で地域の子ども達と学ぶ」企画実践プロジェクト」を担当。
2009年〜2016年 大阪大学コミュニケーションデザインセンターにて「ワークショップデザイナー育成プログラム」に携わる。
2009年 「コミュニケーション力を引き出す〜演劇ワークショップのすすめ」を平田オリザ氏と共著(PHP新書)
2016年 「演劇コミュニケーション学」を平田オリザ氏と共著(日本文教出版)
2020年 京都大学経営管理大学院 研究員
2021年〜 京都大学経営管理大学院 特定准教授
他、大阪大学非常勤講師、京都外国語大学非常勤講師、岡山県立大学非常勤講師、京都光華女子大学非常勤講師、立命館大学客員協力研究員、日本ギャルもて学会事務局長

蓮行流◯◯道場

文責・蓮行2021年9月24日
【蓮行流○○道場#68「蓮行流クロスメディアミクス道場56」】
劇団衛星代表、蓮行であります。

大学教員の夏休みには、「学会」がつきものです。

かくいう私も、9月11日(土)に「初年次教育学会第14回大会」に参加し、ワークショップ企画を担当しました。

私が企画したのは「WS1-3 オンライン授業で活用できる『演劇的手法』」というテーマのセッション。
13名にご参加いただき、演劇的手法によるワークショップを体験していただいた後、グループディスカッションと質疑応答を行いました。

なお、今回はオンライン開催のワークショップということで、参加者からのコメントを受け付けやすくするために、新しく「Slido」というツールも利用してみました。

今回実施したワークは、以下の2種類です。

@いいですね〜ゲーム(アイスブレイク)
A市民健康相談

参加された皆さんから色々なコメントをいただいたので、そのうち一部を抜粋します。

――――――――――――――
いいですね〜. アイスブレイクとして、承認し合うことになること、あと、自由な発想が生まれやすい内容で、頭が柔らかくなり、とても良かったです. 安心・安全の場作りとして、学生に使ってみたいです. オンライン健康相談 役を作る、なり切る、というのが、日常とは異なる考えや気持ちになりました. 健康という、自分にも必ず関係する内容で、考えやすい面と、子供や老人など、今の自分でない、何者かになる、想像するのが難しかったですが、楽しかったです. 精霊は、何故、精霊なのでしょうか.気になりました.
――――――――――――――
これまで初年次教育学会で演劇関係のWSに参加してきました。蓮行先生のWSにも以前参加したことがあります。何度も体験するなかで、短時間で、自分の殻をすて、その役になることがらくに、そして楽しくなったという実感があります。  「いいですねゲーム」いいですね。私は研修の最後にグループメンバーで「ほめ合う」という活動をやっています。共通した良さを感じました
――――――――――――――
グループの振り返りの話したのですが、会話のやり取りの設定があると面白いかもと出ました。新人看護師がおっちょこちょいでコメデイ感覚なのか、患者がシリアスのドキュメンタリー風などです。3回やると調子にのってきました。おそらくグループ内の雰囲気がよいのでそういう流れになったのではないかとおもいます。 質問ですが、どうしても役作りができない人はでますか。どのようにアドバイスをしますか。 1人が沈黙のままでも、相手がなんとかリードすれば、芝居は成立しますけど。それも「よし」でしょうか。 いろいろとグダグダと書きました。すみません。
――――――――――――――
ワークを通して、メンバーとの距離感を縮めるための手段として良いと思いました。 ワークの設計については、ローテーションで全員がすべての役をやった点が良かったと思います。授業で使った場合、メンバーの自分より優れている点とか、分かりそうだと思いました。 私が授業などで使う場合は、やはり初回の授業で使うだろうと思いました。クラスメンバーを把握してもらう目的と、クラスメンバーとの距離感を縮めるきっかけにしてもらう目的で。
――――――――――――――

今回の所要時間は10時から12時までの2時間と、ワークショップを体験いただいてディスカッションするには短時間だったのですが、
「満足度」についての評価は「平均★4.7」の高得点をいただきました!!!(Maxは★5です)

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。



【今月の蓮行】

◎新作公演「ガリヴァー2021」のお知らせ

劇団衛星の3年ぶりの新作公演
『フラクタル、カオス、対数渦巻く電脳空間を覗き込む、ガリヴァー』
の情報が発表されました!

▼Webサイトはこちら
http://www.eisei.info/gulliver2021/

上演日は、2021年10月30日(土)・31日(日)の2日間。

密を避けるため、以下3通りの参加方法を用意しております。
・会場(KAIKA/AKIKAN)で参加する方法
・Zoom等によりオンラインで参加する方法
・アーカイブ配信を視聴

今回の新作は、2018年5月に上演した
『白くもなく、さほど巨大でもない塔を覗き込む、ガリヴァー』のシリーズ作品に当たります。

数学が苦手な人も、ぜひ観てください!そんな人に「数学か…、そんなに無理じゃないかも…」と観た後に思ってもらうのが、隠しテーマです(表明しちゃったら隠しテーマにならないけど)。


◎関西大学SCL養成講座(第4期)の最終回が予定されています。

本連載でもたびたび紹介してきました
関西大学「ソーシャル・コミュニケーションリーダー養成講座」第4期が、
9月25日(土) に最終日を迎えます。

最終日は、午前に私の担当講義があり、午後には受講生のみなさんが企画した「コミュニケーションデザイン」の相互実践が予定されています。

今期は、新型コロナウイルス感染症への対応として、
ハイフレックス型(対面参加とオンライン参加の両方が存在する形式)
での実施を進めておりました。

講座運営側としても未知の部分が多く大変でしたが、受講生のみなさんとしても、新しい発見や課題に多く直面したのではと思います。

そのような中で出来上がった「実践」がどのようなものになるのか…。
私としても非常に楽しみかつ緊張しております!!