田中沙穂

特技: アナウンス、聴音、韓国語 |  好きな食べ物: 辛い物、チョコ |  好きなタイプ: むっちりがっしりしている人、指がきれいな人 |  人生の一言: 百聞は一見に如かず |  人生の一曲: なし
役者歴: 2007年、中学1年生の時に、芸能事務所に所属。2017年、就活時に進路で路頭に迷っていたところ、蓮行と出会う。2018年、事務所を退所し、劇団衛星に入団。
生年月日: 1994年7月3日 |  血液型:  B型 |  星座:  かに座 |  出身地:  京都 |  身長: 162cm |  体重:  46kg |  サイズ B:85 W:60 H:87 靴のサイズ:23.5

田中些事集

文責・田中沙穂最終更新/2019年5月3日
第九回
皆さま、GWはいかがお過ごしでしょうか。
あいにくここ数日天気が悪く、私は気圧の影響で我を失いかけています。

そんなことより!
先日5月1日、ついに平成が終わり、令和元年が幕を開けました。
世間はプチお正月のような雰囲気ですね。
良い年にしていきたいものです。

そんなできたてほやほや令和元年に。
私と、
森谷Aが、
プチ公演を行います!

めでたい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨年から森谷Aとコツコツと計画を練り、皆様に支えていただき、見守っていただき、何度も話し合ってついに実現した新人企画プチ公演。
(実を言うと入団してから1年経ったので厳密には「新人」ではないんですけどね...ふふ。)

とにかくわくわくが止まりません。
45分という短編ですが、いろんな要素がぎゅぎゅっと詰まった見ごたえある作品になっています。
タイトルはずばり『ハムちぃ』です。

『ハムちぃ』は黒木陽子がハムレットをモチーフにして、執筆した、現代版ハムレットになります。
しかし、ハムレットを忠実に再現しているかと言われたらそうではありません。
黒木の世界観と原作ハムレット、そして現代が絶妙に混ざり合い、個性あふれる新しいハムレットが誕生しました。

ちなみにハムレットってなんぞや?という方にざーっくり説明しますね。

ハムレットはデンマークの王子。
そんなある日、ハムレットの父である王が不審な死を遂げる。
父(先王)に代わり王座についたのは先王の叔父にあたるクローディアス。
クローディアスは先王の妻であったガートルードを自身の妻として迎える。
クローディアスを毛嫌いしているハムレットはクローディアスがかける言葉に聞く耳ももたず、先王の父を思い出し悲しみに明け暮れるが、ある日城で父の亡霊に遭遇する。
父の亡霊は、自分の死は叔父の計略であることをハムレットに伝え、消えてゆく。
それを聞いたハムレットはクローディアスに復讐を誓う。
ハムレットは復讐を達成するためわざと周りに気が狂ったふりをする日々を送る。
ハムレットにはオフィーリアという恋人がいたが、いかなるときでも気が狂ったふりを続けなければならないため、恋人に向かって暴言を吐き続ける。
それに加え、ハムレットがオフィーリアの父である、王の側近のポローニアスを殺害したことで、オフィーリアは発狂し、自ら命を絶ってしまう。
激怒したオフィーリアの兄、レアティーズは王と共謀し、ハムレットを殺害するため剣術試合を行うが、試合で使われる剣には毒が塗られており、また会場には毒入りの葡萄酒が用意されていた。
しかし、毒入りの剣で闘ったレアティーズとハムレットは毒でやられ、毒入り葡萄酒は妃が飲み、妃も死亡。その後、ハムレットはクローディアスに毒の残った剣で最後の一撃をくらわせ、クローディアスは死亡。
その試合を見ていたハムレットの友人ホレイショーに、ハムレットは自身の遺志を託し、後に死亡する。

そう、ほぼ全員死にます。
本当はもう少しキャラクターが出てくるのですが、なるべくわかりやすくするために登場をストップさせました。もし気になる方がいらっしゃったら読んでみてください。
あと上記の説明が間違っていたらご指摘ください。

『ハムちぃ』版では、ハムレットが20代後半のOL女性として登場します。

主人公ハムちぃ(公森千歳)は、同僚の倉吉となりゆきで一夜を共にする。
ちょっといい感じ?になっている倉吉との関係を、はっきりさせるべきなのか。そうでないのか。
喫茶店で職場の後輩である堀田にその話をしながら、自分をとりまく環境を思い出し、悶々とした時間を過ごす。
2人はどうなるのか。ハムレットのような結末になってしまうのか。
ハムちぃと堀田が織りなす夢と妄想の会話劇を、是非お楽しみいただきたいと思います。

もしこの記事を読んで、少しでも関心を持ってくださった方がいらっしゃいましたら!
チケットまだまだございますので、是非お申し込みフォームのURLからぽちっと飛んでいただいて、お申し込みをいただけますと大変幸いです。
今ならワンコインでご観劇いただけちゃいます。

正直言って面白いです。是非見に来ていただきたい。
素敵な役者陣と、演出の黒木と、日々作品作りに燃えております。

もなか軍団『ハムちぃ』を、よろしくお願いいたします!

↓↓↓公演詳細はこちら!↓↓↓

劇団衛星 新人企画第1弾
もなか軍団
『ハムちぃ』

■日程
2019年
5月12日(日)13:00- / 17:00-
※受付開始および開場は各回開演の30分前となります。
※上演時間は約45分を予定しております。

■会場
KAIKA
住所:京都市下京区岩戸山町440 江村ビル2階
アクセス:阪急「烏丸駅」23番出口より徒歩8分。
京都市営地下鉄「四条駅」6番出口より徒歩5分。
京都市バス「西洞院仏光寺駅」「烏丸松原駅」より徒歩3分。
京都市バス「四条烏丸駅」より徒歩10分。
※会場に駐車・駐輪スペースはございませんので、公共交通機関をご利用いただきますよう、ご協力をお願いいたします。

■チケット料金
前売:500円
当日:700円

■チケットお申し込み
https://dbf.jp/fueki/kaika/190512/index.cfm
※フォームからお申し込みいただく場合、お支払いは事前精算となります。
※現金清算をご希望の方は、手売りチケット又は当日券をお求めください。

■キャスト
田中沙穂
森谷A
安岐裕美
佐倉眞(魔法の××らんど)
ミワチヒロ(エイリアンズ)

■スタッフ
作・演出:黒木陽子
舞台監督:森谷A
テクニカルサポート:脇田友(スピカ)
照明:溜口志保(劇団ACT)
音響:のえる(劇団ACT)
衣装/宣伝美術:田中沙穂
制作:田中沙穂、西井桃子(ツクネル tsukuneru)
制作サポート:植村純子


■お問い合わせ
メール:monaca@eisei.info
電話:075-353-1660(劇団衛星)
Twitter:@monaca_gundan

■もなか軍団とは
劇団衛星若手劇団員の田中沙穂・森谷Aにより結成されたユニット。2019年に産声をあげる。
劇団に入団後、1年間で舞台にたった1度しか出演できなかった己の不甲斐なさに腹を立てた田中と、
同じく舞台に立ちたくてうずうずしていた森谷Aの芝居への欲望が合致し結成が決まる。
2人で公演を打つことを目標に、発表会レベルの公演を実施しコツコツと前進中。
本作品に関しましても「プチ公演」の範囲での実施となりますので、
照明バーン!音響ドーン!舞台バーン!の設備の整った世間一般的な公演とは多少異なることをご了承くださいませ。
公式サイト→http://www.eisei.info/monaca_gundan

主催:もなか軍団
共催:劇団衛星、一般社団法人フリンジシアターアソシエーション
supported by KAIKA







長くなりましたが、本日はこのへんで...
おやすみなさい!