衛星歴8年: 2002 年 9月〜 2003 年8月 の劇団衛星の活動をご紹介します。
上から新しい順に記載しております。
※ゲスト出演者の所属団体名等は当時のものです。

「劇団衛星のコックピット」

2003年6月12日〜15日 アートコンプレックス1928(京都)7月12日・13日 NGKスタジオ(大阪)8月19日〜21日 こまばアゴラ劇場(東京) …夏のサミット2003参加
作/演出:蓮行
出演:岡嶋秀昭 チャック・O・ディーン 田中遊 筒井加寿子 駒田大輔 紙本明子
   ファックジャパン 蓮行 金田典子 他
映像特別出演:大川豊(大川興業前総裁)

舞台は、巨大ヒト型ロボット「装甲魔神ヘラクレス」のコックピット内。
小さいことは良いことなのか〜!をテーマに、客席限定50席の舞台と客席が一体となった移動劇場「コックピット」を製作し、その中で凝縮された作品を上演。
先行きの見えない不安の中で生きる人々の姿を描く。

3月特別興行「オフィス・ラブ」

日時:2003年3月15日・16日 会場:尼崎アルカイックホール・オクト
 アルカイックホール・オクトオリジナルミュージカル
作/演出:蓮行
出演:岡嶋秀昭 チャック・O・ディーン 田中遊 駒田大輔 ファックジャパン 蓮行
   金田典子(劇団・太陽族) 行澤孝(劇団赤鬼) 他

昨年に引き続き、尼崎市のオクト・オリジナルミュージカルを製作。
シェークスピア「ハムレット」とワイルド「サロメ」を下敷きに、社内恋愛を描く物語。
バレエグループ「Ca・Ballet」のメンバーも交えて、衛星本格派オリジナルミュージカルの第2作目を上演した。

劇団星衛 最終公演「希望の島奇譚」

日時:2002年10月18日〜20日 会場:東山青少年活動センター創造活動室
作/演出:蓮行
出演:中西彦助 紙本明子 ガムスターチ 高橋良明 保田裕子
   岡本賢吾 柳川智彦(第三劇場) 岡本タダシ(劇団衛星)
   チャック・O・ディーン(劇団衛星)

蓮行が学生時代に書いた作品を、なんと8年ぶりに劇団星衛にて上演。
この公演を持って、劇団星衛は活動を終了する。