衛星歴7年: 2001 年 9月〜 2002 年8月 の劇団衛星の活動をご紹介します。
上から新しい順に記載しております。
※ゲスト出演者の所属団体名等は当時のものです。

7月興行「ここでkissして」

日時:2002年7月9日〜14日 会場:京都市東山青少年活動センター
作:松田正隆
『Aグループ』演出:蓮行 出演:蓮行 岡本唯司 駒田大輔 真野絵里 筒井加寿子
『Bグループ』演出:田中遊 出演:岡嶋秀昭 ファックジャパン チャック・O・ディーン
                 奥田ワレタ 金田典子(劇団・太陽族)  

松田正隆氏の脚本に取り組み、新たな発展に挑む、劇団衛星のアナザーサイド。
蓮行・田中遊、2人の演出家による、それぞれ別の役者を使った2パターンの演出で上演した。
松本修氏による公開ワークショップも開催。

「脳天気番長海老になる」

日時:2002年6月12日 会場:よしもとrise-1シアター
よしもとrise-1シアター「ビッグウエンズディ」参加
作/演出:蓮行
出演:岡嶋秀昭 チャック・O・ディーン 駒田大輔 岡本唯司 黒木陽子 蓮行

よしもとrise-1シアターによる、短編演劇バトルの第3回。4つの劇団がそれぞれ20分程度の短編を上演し、観客の投票で優勝を争うという企画。
そのイベントに、衛星十八番の番長シリーズ特別編にて参加。"人でないものを演じる" というバトルのテーマに基づき、水槽内の海老社会の模様を演じた。

「二人の愛がある限り世界は回り続けるか」

2002年5月1〜3日 会場:アトリエ劇研
GEKKEN festival 2002参加 『Package4』
作/演出:田中遊
出演:岡嶋秀昭 田中遊

実行委員会主催のコンテンポラリーダンスと演劇とのジョイント公演。
岡嶋・田中の二人芝居。対するダンスは、北村成美とファックジャパンが組んだ
「アイノジカン」。

3月特別興行「歌謡曲オペラ・絵殿」

日時:2002年3月16日・17日 会場:尼崎アルカイックホール・オクト
3月特別興行 アルカイックホール・オクトオリジナルミュージカル
作/演出:蓮行
出演:岡嶋秀昭 チャック・O・ディーン 田中遊 駒田大輔 岡本唯司
   ファックジャパン 蓮行 他

尼崎市のオクト・オリジナルミュージカルプロジェクトによる、市民ミュージカル。
オーディションで選ばれた27人の尼崎市民をキャストに加えて、5ヶ月の製作期間を経て出来上がった不敵音楽劇。
夢殿を思わせる八角形の会場で、古代最重要人物・厩戸皇子を主人公にした、仰々しくも軽快な、反戦と無常観の物語を上演した。


12月興行「赤べこカマトト早急便」

日時:2001年12月7日〜9日 会場:よしもとrise-1シアター(大阪)
よしもとrise-1シアター共同プロデュース
作/演出:蓮行
出演:岡嶋秀昭 チャック・O・ディーン 田中遊 駒田大輔 岡本唯司
   ファックジャパン 蓮行 他

この年の夏、梅田に新しく「よしもとrise-1シアター」がオープンした。
その話題の新ホールにて、原点回帰を裏テーマに衛星初期の迷作を再演。
京都頂上決戦と称して、京都の若手劇団・ヨーロッパ企画と同日程で公演する合同企画だった。

劇団星衛 NF公演「どりーみんぐ・アイコ」

日時:2001年11月22日〜25日 会場:京都大学総合人間学部E11教室
作:黒木陽子/演出:山本ユーコ
出演:紙本明子 中西彦助 高橋良明 ガムスターチ 山本裕子 井上大輔 黒木陽子
   筒井加寿子(日替わり出演)

'99年初演の作品を、当時在籍していた星衛フルメンバーにて再演。

同時上演・劇団星衛公演「千年王国の避難訓練」

作/演出:蓮行

京都会場においては、弟分・劇団星衛が、衛星の休演日に同演目を上演。
オリジナルに沿った男7人女1人のノーマルバージョンと、女7人男1人で演じる男女逆転バージョンの2つのバージョンにて、衛星本公演に挑んだ。


9月興行「千年王国の避難訓練」

日時:2001年9月11日〜13日 会場:新宿タイニイアリス(東京)9月16日〜30日 会場:アトリエ劇研(京都)
アリスフェスティバル参加/アトリエ劇研協力公演
作/演出:蓮行
出演:岡嶋秀昭 チャック・O・ディーン 田中遊 駒田大輔 岡本唯司
   ファックジャパン 奥田ワレタ 蓮行

関西3都市の次は、東京・京都連続興行。さらに、京都では、15日間16ステージのロングランを実施。
初演より1年半、キャストを全て正劇団員で固め、完成度を上げての上演となる。
京都公演では、交通の不便な会場の地の利の悪さをカバーすべく、独自で送迎車運行にも挑戦した。